サービス案内

簡単・最強・稼げるブログ

2002年からインターネットやホームページを事業の成果につなげるコンサルティングを主業務とし、中でもネットショップの売上改善・拡大を得意としています。

ご相談時には先ずヒアリングを行い簡単にネットショップの初期診断を行うのですが、傾向として、購入に至っているのは「指名キーワード」で検索してきたお客様ばかりというケースがほとんどです。

「指名キーワード」というのは、商品名、型番、ブランド名、メーカー名などを指します。

このことから、ネットショップに訪問した時点では、既に欲しいモノが決まっていて購入意欲が高い状態だと考えられます。

つまり、お客様は事前に何らかの形でその商品やブランドなどを知り、興味関心を抱いてからネットショップに訪問するという行動をとっているんです。

戦略的Webマーケティング

Webマーケティングのプロセス

認知から始まる消費者心理プロセス

購入意欲の高いお客様をネットショップに誘導するためには、事前に商品やブランド、メーカーを認知してもらっている必要があります。たまたま店頭で見かけたかもしれませんし、テレビや雑誌で紹介されたのかもしれません。認知するきっかけは様々です。

大手企業であれば、マスメディアに広告を打てれば効果的でしょう。しかし小規模企業や個人事業主だと、なかなかそうもいきませんよね。そこで、インターネットの広告を活用して認知させます。

恋愛とマーケティングのプロセスは同じ

知名度が全くないブランドやサービスをディスプレイ広告という画像を使った広告で認知させた場合、すぐさま購入してもらおうとしてはいけません。また、リマーケティング広告といって、ネットショップに来たお客様を追いかけ回すように、他のホームページに何度も何度も広告を表示させるなんてもってのほか。

マーケティングって、恋愛ととてもよく似ていると思うんですね。

初めて会った相手に対して、いきなり結婚を申し込んだりしないですよね?ちょっと知り会ったからって、職場の前や駅で待ち伏せしたり、それってストーカーですよね?でも、そういう広告を打っているネットショップやホームページってよく見かけませんか?

マーケティングを恋愛に例えて考えれば、なぜ上手く行かないのかがわかると思います。

そこで重要なのが、売り込む前に信頼関係を深めるということです。どこの誰がやっているかわからないネットショップに来て、初めて聞くブランドの商品なんていきなりは購入しないわけですよ。

ですから、何回か接触する機会を持つためにリマーケティング広告を使うのですが、売り込みばかりだと嫌われて終わりです。「売り込み」とか「宣伝」とか「広告」じゃダメなんです。

それって売り手の視点ですよね?いかにお客様の視点になって、お客様は何を望んでいる状態なのかを、その時々で考えることが重要なんです。

コンテンツマーケティングは集客だけが目的ではない

広告を活用したコンテンツマーケティング

お客様に商品を売るための広告ではなくて、お客様との出会うきっかけを作ったり、関係性を深めたりするための広告と考えるべきなんです。

例えば、初めて来たお客様、何度か来ているけどまだ商品を購入されたことがないお客様、一度だけ商品を購入されたお客様、何度も商品を購入されているお客様がいます。オフラインでの接客の場合、それそれのお客様に対して全て同じ対応をしませんよね?でも、オンラインの場合は同じ対応をしていませんか?

オフラインでの接客の場合は対応するスタッフの記憶が頼りになりますが、オンラインの場合にはお客様の来店履歴を自動的にデータ化して蓄積することができます。これを活用してお客様を分類し、それぞれのお客様が必要としているであろうコンテンツに誘導する。そして想定したとおりに、その誘導したコンテンツが必要だったかを分析するということが出来るんです。

コンテンツマーケティングって集客面ばかりではなく、このようにお客様との関係性を深め、心理変容を促すために行うものなんだと思いますが。

検索エンジンを活用したコンテンツマーケティング

今までのネットショップに対する売上拡大のコンサルティングでは、広告を活用して新規のお客様との接点を持ち、どのような情報をお客様は必要としているのか?何が喜ばれるか?をお客様の視点で考えコンテンツ蓄積。それらのコンテンツ間を遷移する導線を設計し、心理変容を促すということを主にやっていました。

これを検索エンジンからの訪問するお客様にも同じように出来ないかと考えていたんですが、試行錯誤の末やっとて出来きたんです。

商品やブランドを認知していないお客様は当然そのモノを検索しないので、ディズプレイ広告やFacebook広告などのSNS広告を活用して認知してもらう必要があります。

逆に買いたい商品が決まっているお客様は、商品名や型番で検索したり、価格比較サイトを活用したりして安く買えるところで買います。ここと勝負すると、価格競争になるので利益率は下がってします。

情報発信とコミニュケーション

潜在ニーズに対象にして情報発信

まだ買いたいものは決まっていないが、漠然と必要性を感じているお客様を対象にする。つまり潜在ニーズにアプローチすることで、対象となるお客様層を広げることができます。

人は誰しも何かしらの欲求があり、何かを必要としています。それを満たすための何かを探すわけですが、そのモノの存在がその人の知識になければ名称をズバリ検索することはできないので、もっと範囲が広い言葉で検索することになります。ただしそれでは範囲が広すぎてしまうので、複数の言葉を組み合わせて絞り込みを行います。

取り扱っている商品を必要としている人は、なぜ必要としているのか?何を望んでいるのか?その商品を手に入れることにとって何が解決するのか?といった、商品そのものではなく、その商品がもたらす本質的な価値を考察することによって、その商品のお客様像が見えてくるはずです。

まだ商品の存在を知らないそのお客様はどのような言葉で検索するかを考えて、そのキーワードを主題にしてコンテンツを書いたらどうでしょう。検索エンジンの検索結果にそのコンテンツが上位表示されることで、初めてお客様は商品の存在を知ることになります。

マーケティングはコミニュケーション

一旦ネットショップを離れて他のお店と比較することもあるでしょう。しかし、他のネットショップのコンテンツが劣っていたら戻ってきてくれるはずです。それほど大きな価格差がなく多少高いぐらいであれば、内容が充実してるネットショップで買いませんか?

ここで重要なのが、買って欲しさのあまり、売り込みや宣伝を行ってはならないということです。常にお客様の感情や心理に寄り添ったコミニュケーションによって、お客様との心理的な距離を縮めることを心がけて下さい。

他のネットショップが商品情報を詳しく書いていても全く問題ありません。販売するのは商品そのものではなく、商品がもたらす本質的な価値なんですから、「このネットショップは、私のことをよく分かっている」と思われる情報を充実させることで勝算はありますよね。

心理変容を促す最強ブログの誕生

ホームページを活用して、お客様の心理変容を促すにはどうすればいいのか?長年考えた末に、やっと答えがみつかりました。そして、システム化することが出来ました。

実はこのブログも、そのシステムによって構築されています。

心理変容を促すためのコンテンツマーケティング

お客様の心理を段階別にセグメントする

お客様との心理的な距離には段階があります。
そこで、段階別にどのような心理なのかを考えてみます。

例えば、ある商品に対しての心理を5段階とした場合、こんな感じになります。

A:その商品を買おうと思うが不安
B:その商品を買おうか迷っている
C:その商品を欲しいと思っている
D:その商品に興味は持っている
E:その商品のことを全く知らない

次にそれぞれの段階別に、どのような行動をとるのかを考え、どうすれば接点を持てるかを考えます。

Eの場合は、商品を全く知らないわけですから検索はしません。なので、ディスプレイ広告やSNS広告を使うとか。

心理段階別に必要なコンテンツを企画する

それぞれの段階から上位の段階に心理変容するためには、どのようなコンテンツが必要なのかを考えます。例えば、Dの「その商品に興味は持っている」お客様が、「その商品を欲しい」と思うには何が必要なのか?といった感じです。

つまり、コンテンツ間を移動することによって、心理変容を促すということです。

ほとんどのブログ記事の場合、直帰率が高めです。これは戦略的に記事を書いていないため、たまたま検索でヒットしての訪問だったことが考えられます。

コンテンツマーケティングでは、それぞれの心理段階に対応した内容の記事を書き、上位の心理段階の記事に誘導することで心理変容を促すのがポイントなんです。

戦略的コンテンツ

お客様との接点を考える

潜在ニーズにアプローチする場合、絞り込まれていない漠然とした欲求や目的にアプローチすることになります。そこで、その状態で検索するキーワードは何かを考え、そのキーワードで検索された時にコンテンツが上位表示され場合に、どの程度のアクセス数が見込めるかを調査します。

あまり抽象度の高いキーワードですと検索する目的も様々なため、たとえ検索結果に上位表示されてもお客様の求めていいることに応えられている確率は低くなくなります。

そこで活用したいのが「サジェスト」と呼ばれる検索候補です。Googleなど検索エンジンの検索窓にキーワードを打ち込んだ時に、そのキーワードを含む複合フレーズが表示される、あれです。

漠然と検索する時には「ビッグキーワード」と呼ばれる抽象度の高いキーワードで検索しますので、その時に表示される「サジェスト」を見て、お客様との接点になり得るキーワードを探すと効果的です。

検索キーワードを主題にコンテンツを書く

お客様との接点になり得る検索キーワードが見つかったら、そのキーワードを主題にした記事を書きます。ただキーワードを詰め込んで書けばいいというわけではありません。他の競合コンテンツと比較して、優れた内容でなければ検索結果の上位には表示されません。

今の検索エンジンはかなり進歩していますので、もう裏技的は小手先のテクニックは通用しなくなりました。検索の目的に最適なコンテンツを上位に表示させるために日々進化し続けているのです。

また最低でも1ページ目、つまり10位以内にラインクインしなければ、ほとんどクリックされないでしょう。できるだけベスト3を目指して下さい。

心理変容しているかを分析する

心理段階から検索するであろうキーワードを考察して、求められていると考えた記事を作成します。でもこれは、あくまでも仮説です。なからずその通りになるとは限りません。

経営もマーケティングもそうですが、こうすればいいという答えはありません。常にお客様の立場で試行錯誤しながら仮説を立てて実行してみる。やってみないと判らないんです。

でも、Webマーケティングの場合は他のオフラインのマーケティングと違って、やってみるとその効果は面白いようにわかるんです。

アクセス解析という技術を使って、ホームページに来た人の閲覧履歴を分析することで、どのような行動をしたのかが手に取るようにわかります。

しかし、ほとんどの人は、とのページがどのぐらい見られたのかといった程度しか活用していないのが現状ではなうでしょうか?

アクセス解析で集計された数字というのは、ホームページ上での行動の結果です。行動するということは、何かしらの感情があるはずです。その感情の裏側に潜む心理は何なのか?ここを分析して初めて経営判断に役立つヒントが得られるんです。

実はこの『戦略的コンテンツ最強ブログ』は、通常のアクセス解析では得られないお客様の心理変容を分析する仕組みを装備しています。この分析の仕組みを長い間かけて考えていたわけです。

『最強』と名付けた所以はここにあります。

試しに使ってみませんか?

『戦略的コンテンツ最強ブログ』は、業種別にWeb戦略を立てて情報構造を設計しています。
デモアカウントを発行しますので、試しに使ってみませんか?
百聞は一見にしかずです。

戦略的コンテンツ最強ブログ お試し申込み

選び方ガイド
トップへ戻るボタン