マーケティング

SEOかSEMか

2018年11月11日
このエントリーをはてなブックマークに追加

「SEO」と「SEM」と、どっちをやればいいですか?

という質問をされますが、回答の前に先ずは「SEO」と「SEM」の意味を共通認識しておこう。

「SEO」とは、”Search Engine Optimization”の略で「検索エンジン最適化」という意味。「検索エンジン上位表示対策」なんて言う人もいるけど、あれはどうかと思う。誰も検索しないようなキーワードで上位表示されたところで全く意味ないからね。

一昔前、けっして良心的とは言えないSEO業者が、半ば素人を騙すような感じで検索エンジン上位表示を顧客満足として暴利を貪っていたけど、当然のように淘汰されたよね。成果報酬制だから上位表示された日数でしか課金されないという「似非安心」営業トークで、中にはまともな業者もいたけど、こんなの誰が検索するの?っていうキーワードで対策するのをよく目にしたもんさ。

検索エンジンの目指すところはさ、”検索ユーザーが探し求めいる情報に対して最適なWebサイトを提示する”ということじゃんね?その本来の目的を考えれば小手先のテクニックなんて必要なくて、何が求められているのかをしっかりリサーチして、自分がその専門として提供できる情報を競合に負けないコンテンツとして作り込む。

「SEO」って、それしかないんだよ。
とっても手間が掛かることだよ。

でも、そこをなんとか楽しようと甘い考えの人々が、上手い話に騙されちゃうんだな。だから逆を言えば、他の人が出来ない手間の掛かることをコツコツやり続けられれば、「SEO」ではかなり優位になれる。

最近では「SXO」とも言われるようになってきて、”Search Experience Optimization”の略なんだけど、「検索体験最適化」。自分的にはこっちの方が、しっくりくるな。

で「SEM」ね。これは、”Search Engine Marketing”の略で「検索エンジンマーケティング」ってそのまんま。検索エンジンを使ったマーケティングってことなんだから、「SEO」は「SEM」に含まれるよね。

インターネット黎明期には、リスティング広告(検索連動型広告)を「SEM」として、「SEO」と分けて考えられていたけど、今は「SEM」に「SEO」も含まれると思っていていいよ。「SXO」という概念であれば尚更そうだよね。

だから質問の答えは、「SEO」は「SEM」に含まれるから、検索エンジンから集客したいなら「SEM」をしっかり理解して取り組みましょうってことかな。

技術的なことを言えば、自然検索で流入してくるようになるには、コンテンツを作り込み、関連するキーワードで検索結果の少なくても5位以内に入らないとならないので時間を要する。だから、ビジネスとして成り立たせるならリスティング広告も使っていかないと、せっかくWebサイトを作っても、検索エンジンからは集客できないってこと。

検索エンジン以外にも集客方法はあるけど、それはまた別の記事で。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻るボタン